群馬県行政書士会

行政書士とは?

ホーム > 行政書士とは? > 土地利用に関すること

前のページへ戻る

土地利用に関すること

Q1.開発許可申請とは、どんなときに必要なのですか?
市街化区域内では1,000平方メートル以上、未線引き地域内で3,000平方メートル以上 または市街化調整 区域内で建築物の建築や特定工作物の建設を目的として土地の 区画形質の変更を行う ときに、あらかじめ都市計画法に基づく開発許可が必要になります。
↑Top
Q2.市街化調整区域内では、どのような建物が建てられるのでしょうか?
市街化調整区域は市街化を抑制すべき区域とされていますので、主に以下のような内容につき、一定の条件を満たしている場合に許可されます。
  1. 周辺住民の日常生活必需品の販売加工、修理等のための店舗、事業場等 (都市計画法第34条1号)
  2. 市街化区域内において建築することが困難又は不適当なもので、適切な位置に設けられるもの―ガソリンスタンド、ドライブインなど (同法第34条8号)
  3. 周辺の市街化を促進するおそれがないもの等―農家の二男三男等の分家住宅等(同法第34条10号ロ)
↑Top
Q3.自分の所有する市街化調整区域内の農地を利用して、結婚した子供に住宅を建てさせてあげたいのですが。
農地法第5条の許可と開発許可(同法第34条10号ロ)の許可が必要になります。 分家住宅の許可条件には、親等が市街化区域内やその他に住宅建築可能な土地を所有 していないことなど諸条件があります。
↑Top
Q4.市街化区域内の所有地を複数の人の住宅用地として売却したい。
1,000平方メートル以上の土地である場合に開発許可が必要になります。又区画割した各戸がそ れぞれ道路に接している必要がありますので、新たに市町村の基準に応じた構造の道路 を設けなければならない場合もあります。
↑Top
Q5.先祖から引き継いできた畑に道があることがわかりました。現状では既にその形状はない ので、この道を買受けたいのですが可能でしょうか?
道の境界、そして道としての機能をなくしあなたが買受けることについて、隣接土地所有者や利害関係人の承諾があれば可能です。
↑Top
Q6.この道を買受けるには、どのような手続きが必要なのでしょうか?
まず道の境界を決め、測量して面積も確定します。次ぎに公共物用途廃止申請、普通財 産売り払い申請、土地表示登記、保存登記手続きが必要です。 なお、土地代金は財務省が付近の土地取引状況や土地の形状等を勘案してこれを決めます。
↑Top
Q7.家庭からの雑排水や汚水を勝手に水路や道路側溝に放流しても良いのですか?
コンクリートの三面水路であれ、す堀の水路であれ、または道路側溝であれ公共物ですの で、これに勝手に排水管を接続したり、雑排水を流したりすることはできません。 道路側溝であれば道路法に基づく許可や公共物使用許可などその放流先の状況による 手続きが必要です。また土地改良区が水利権を持っている場合には、その土地改良区の承認も必要となります。
↑Top
Q8.宅地への出入口のため道路縁石を撤去したいのですが。
道路法の許可が必要です。住宅の場合は特別の理由がない場合は4mに限り撤去が可 能です。店舗や工場などの場合は出入りする車両を想定して縁石の撤去のみならず、側 溝の補強工事が必要になる場合があります。
↑Top

群馬県行政書士会
Copyright © Gunma Association of Gyoseishoshi Lawyer. Allrights reserved.